手に入れるためには?|アフターピルを処方してくれる産婦人科を見つけておこう

アフターピルを処方してくれる産婦人科を見つけておこう

手に入れるためには?

女性のイラスト

アフターピルは、避妊に失敗した、もしくは避妊ができなかった性行為から72時間、できれば24時間以内に産婦人科へ行けば処方してもらうことができます。
病院によってですが簡単な問診票を書いて、一緒に渡されたアフターピルの説明を読むだけで簡単に処方してもらうことができます。
中には身分証明書のかわりに保険証の提示を求める病院もありますが、もともと避妊は保険が適用されない保険適応外診療です。
そのため確認だけで済みますし、処方される薬も病院で取り扱われているちゃんとしたものなので安心して服用することができます。

しかし、現在アフターピルを処方してくれる病院の数は、そう多くはないのが現実です。
母体保護法指定医となっている産婦人科は大体処方してくれますが、あらかじめ電話で確認をとったりする必要があります。
また、費用も5000円から10000円で設定している病院が多く、費用も事前に問い合わせておいたほうがいいかもしれません。
産婦人科に出入りすることで、他人に避妊のことがバレてしまう心配もありますが、病院で処方してもらうほうが確実ですし安全ですので、産婦人科で処方してもらうようにしましょう。

数が少ないという面から考えても、事前にアフターピルを処方してくれる産婦人科を見つけておくことはとても大切です。
札幌などのエリアに絞って検索することができる検索サイトで産婦人科を検索し、アフターピルを処方してくれる病院を見つけておきましょう。